東北暮らしプラス
ログイン

パスワードをお忘れの場合は コチラ
登録がお済みでない方は コチラ
閉じる

会員限定記事数
48
会員限定記事数
48
はじめての方へ
商品券(クオカード)1,000円分プレゼント!

リフォーム

2021.05.20 リフォーム

「断熱リフォーム」で夏も冬も一年中快適に!「Let’s熱活!補助金」でお得にリフォーム!(仙台市限定) facebook

コロナ禍により、在宅時間が増えた昨今。これまで気づかなかった自宅の快適性が気になるようになった方も多いようです。

水廻りやお庭等のリフォームはもちろん、一年を快適に過ごすためには、「住まいの断熱性」も重要なポイントです。

せっかくリフォームするなら、補助金制度を利用してお得にリフォームしたいものです。

今回は仙台市が実施している「Let’s熱活!補助金(熱エネルギー有効活用支援補助金)」についてご紹介いたします。

~目次~

第1章:「断熱」とはなにか?~住まいの断熱が大切な理由~

第2章:Let’s熱活!補助金でお得にリフォーム(Let’s熱活!補助金概要)

第3章:相談はリフォームに詳しい会社がおすすめ

第1章:「断熱」とはなにか?~住まいの断熱が大切な理由~

「断熱」とは、外気の寒さや暑さを遮断して室内の快適性を保つことをいいます。具体的には、家の壁や床に断熱材を入れたり、窓を二重窓にすることがあげられます。

断熱性の高い家は外気の影響を受けにくいので、暖房や冷房の効きがよく光熱費が抑えられるメリットがあります。

また、断熱性の高い住まいはそうではない住まいと比べて、浴室の寒暖差が原因で起こるといわれるヒートショックの発生率が低いほか、血圧や総コレステロール値の異常値が少ないことがわかってきています※。

住まいの断熱改修を考えるときに、まず検討したいのが窓です。建物の熱気や冷気の約57%が窓から出入りするといわれています。そのため、断熱リフォームの中でも効果が実感しやすい部分といえます。

窓の断熱改修には以下の2種類があります。

  • 二重窓(内窓)の設置

    現在ある窓の室内側にもうひとつ窓(内窓)を設置します。窓と窓の間の空気の層で外気から来る温度変化を和らげます。

  • ペアガラスの採用

    現在の窓枠にペアガラス(複層ガラス)を付け替えます。こちらも2枚のガラスの間に空気の層ができ、外気から来る温度変化を和らげます。見た目もスマートな形です。

いずれの改修も高い断熱効果を発揮します。

※日本サステナブル建築協会「断熱改修などによる住居者の健康への影響調査 中間報告(3回)」より

第2章:Let’s熱活!補助金でお得にリフォーム(Let’s熱活!補助金概要)

現在、仙台市では窓の断熱改修や熱エネルギー機器の導入に補助金が出る「Let’s熱活!補助金」制度を行っています(令和3年度)。

この補助金では、二重窓やペアガラスの設置も対象となります。ここでは、補助金の概要や申請条件をご紹介します。

仙台市在住の方でリフォームや断熱改修を検討している方はぜひご覧ください。

 

  • 「Let’s熱活!補助金」とはこんな制度

仙台市では、低炭素化の推進や気候変動への適応力向上を目的に、窓の断熱改修や熱エネルギーシステムの導入に補助金を出しています。

対象となるのは、「窓の断熱改修」「熱利用システムの導入」「エネファームの導入」です。

【窓の断熱改修】

外気に接する窓の、内窓の設置や外窓の交換、窓ガラスの交換などが対象です。

補助対象

補助金額

上限

内窓の設置

2.8㎡以上

18,000円~20,000/箇所

(窓の性能による)

1棟あたり10万円

1.6~2.8㎡未満

12,000~14,000/箇所

(窓の性能による)

0.2~1.6㎡未満

7,000~8,000/箇所

(窓の性能による)

ガラス交換

1.4㎡以上

7,000円/

0.8~1.4㎡未満

4,000円/

0.2~0.8㎡未満

2,000円/

【熱利用システムの導入】

冷暖房や給湯に活用できる、太陽熱や地中熱、下水熱を活用した機器の導入が対象です。

補助対象

補助金額

上限

太陽熱

対象経費の1/10

3~12万円

(システムのタイプによる)

地中熱

対象経費の1/5

50万円

下水熱

対象経費の1/3

400万円

 

【エネファームの導入】

家庭用燃料電池、エネファームの導入が対象です。

補助対象

補助金額

上限

エネファーム

13万円/

1棟あたり26万円

 

「Let’s熱活!補助金」の詳細情報は仙台市のホームページに掲載されています。

http://www.city.sendai.jp/ondanka/download/bunyabetsu/kankyo/kankyohozen/hojokin.html

 

  • 申請条件

申請条件は以下の通りです。

・仙台市に在住または在住予定であること

・工事前であること

・申請者が市税を滞納していないこと

ただし、仙台市で予算が決められているので、予算額に達した時点で締め切られます。例年、年度内に終了することが多いので、リフォームを検討している方は早めに申請することをおすすめします。

第3章:相談はリフォームに詳しい会社がおすすめ

ステイホームが推奨され、おうち時間が増えている今、住まいの快適性はますます大切な要素。

そして窓は、断熱対策を行っていなかった住まいであればあるほど、その冷暖房の効きやすさや室温維持の効果が体感できるリフォームのひとつです。

  • 申請の流れ

・ご相談、お見積もり

断熱改修したいお部屋を見せていただき、どのような改修を行うか相談をします。

ご相談をもとに、窓の改修のお見積もりをお出しします。内窓かペアガラスかなど、迷っている場合も複数のお見積もりを出して比較検討することもできますので、お気軽にご相談ください。他のリフォームと合わせて行うことも可能です。

・契約

施工内容とお見積もりに納得いただければ契約となります。

・「Let’s熱活!補助金」の申請

契約した断熱改修の内容で「Let’s熱活!補助金」の申請を行います。

申請後23週間ほどで補助金の交付決定通知が届きます。通知が届いてからの工事となります。

・断熱改修工事

断熱改修の工事を行います。

・補助金交付

仙台市へ工事内容などの実績報告を行った後、仙台市から指定した口座へ補助金が交付されます。

補助金申請時や報告時の提出書類は、クラシタスで代行して手続きを行いますので、「登記簿謄本」と「住民票」をご準備いただければ大丈夫です。補助金の申請は複雑そうだと感じている方も心配はいりません。

 

断熱改修を考えているならば、この機会にぜひ検討を進めてみてはいかがでしょうか。クラシタスでも毎年多くの窓の断熱改修を行っております。まずはお気軽にご相談からどうぞ。

★クラシタスの施工事例を見る

~宮城・岩手のリフォームならクラシタスへ~

【5年連続 宮城県リフォーム実績NO.1】
クラシタスは宮城県仙台市に誕生し30年。
これまで住宅やマンション、神社仏閣・公共施設等、多岐に亘る建物『4万件以上』を施工して参りました。
お見積りやご相談はもちろん無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ