東北暮らしプラス
ログイン

パスワードをお忘れの場合は コチラ
登録がお済みでない方は コチラ
閉じる

会員限定記事数
46
会員限定記事数
46
はじめての方へ
商品券(クオカード)1,000円分プレゼント!

グルメ

2020.09.03 グルメ

知ってる人は飲んでいる!東北のこだわりの牛乳5選 facebook

日々の食事からお菓子作りまで、普段の食卓に欠かせない「牛乳」。どれも同じだと思っていませんか。一口飲めば違うとわかる、こだわりの牛乳が東北にはあります。今回は、フードコーディネーターやパティシエなどがおすすめする東北の牛乳をご紹介します。

 

ま~るい甘さ!飲むとストレスが消えるかも?自然に育った牛のミルクは一口でわかる

岩手県の山地で自然放牧を行っているなかほら牧場。その牛乳の美味しさは格別で、全国にファンがいるといいます。通常の牛乳は乳脂肪分を細かく加工(均質化)していますが、なかほら牧場の牛乳はそれを行っていないので、生乳そのままの味わいが楽しめます。数日経つとやや濃厚な飲み口になり、変化が楽しめるのも魅力です。

 

会津地方の定番牛乳、べこの乳。生乳の美味しさを活かした、低温殺菌牛乳です。地元で広く愛されている牛乳ですが、別な地域の人が飲むとその濃厚さに驚くといいます。その秘密をインタビューで解き明かしています。べこの乳の歴史も知ることができ、親しみが湧いてきますよ。

 

栗駒山ふもとに広がる小安峡温泉郷。その温泉熱を利用して低温殺菌しているのが栗駒高原牛乳です。低温で時間をかけて殺菌するので、生乳の成分がきちんと残っているのが特徴です。他にも、温泉熱を活用して発酵させたヨーグルトなど、他にはあまり見られない製品もあります。

 

山形出身のパティシエがお菓子作りに選んだ牛乳として紹介しています。実際に放牧場を見て、牛乳を味わい、スッキリしたのどごしと風味を評価しています。こちらも低温殺菌牛乳で生乳本来の甘みがあります。

 

全国のフルーツ牛乳を飲み比べた記事です。その中の1本、木村パスチャライズフルーツ・オ・レは、ミルクの濃厚さとフルーティさで飲食店のプロにこれからも愛飲したいと言わしめた逸品。なお、記事は「フルーツ牛乳を10本集めて飲み比べてみました」②と③に掲載されています。

 

いかがでしたか。東北各地にこだわりの牛乳がありました。いずれも、低温殺菌牛乳で、生乳本来の風味がいかされているものばかり。身近な食材だからそこ、たまにはじっくりと牛乳の美味しさを味わってみませんか。

ページトップへ