東北暮らしプラス
ログイン

パスワードをお忘れの場合は コチラ
登録がお済みでない方は コチラ
閉じる

会員限定記事数
48
会員限定記事数
48
はじめての方へ
商品券(クオカード)1,000円分プレゼント!

生活雑貨

2020.01.23 生活雑貨

肌に優しい!Made in東北の魅力的な石鹸5選 facebook

東北でお土産やプレゼントを選ぶとき、石鹸を候補に入れてみませんか。東北各地の植物や海藻、温泉水まで、さまざまな地域の素材を活かした石鹸があります。なかには肌に嬉しい効能が期待できるものも。今回は、東北の魅力的な石鹸をご紹介します。

 

宮城県女川町にある石鹸工房、KURIYA。宮城県産の米ぬかや蜂蜜やワインまで、地域の魅力をたっぷり感じられる手作り石鹸が揃います。色合いやパッケージも可愛らしく、使うのが楽しくなりそう。石鹸作りのワークショップなども開催しているので、自分で作ることもできますよ。

 

気仙沼の椿や亘理町の苺など、地域の素材を使った無添加石鹸を作っている「無添加手作り化粧石鹸 樹」。素材ごとに効能も異なります。石鹸は、コールドプロセス製法と呼ばれる、熱を加えずに自然熟成させる製法で、肌に優しいのが特徴です。Facebookでは催事などの出店情報が確認できます。

facebook▼

 

下北半島の秘湯、薬研温泉。原生林に囲まれた自然豊かな温泉地ですが、その開湯400年をむかえた記念に作られた石鹸です。温泉水を使って60日間熟成させて作った本格的な石鹸は、しっとりとした使い心地が特徴だそう。温泉の帰りのお土産にいいですね。

 

8つの源泉全てに入れば万病に効く、という言い伝えが残る会津西山温泉。その源泉のひとつ、滝の湯の温泉水から作った石鹸です。温泉コスメとして、化粧水や乳液もあります。温泉の良さを化粧品でも体感できるのは嬉しいですね。

 

仙台でもうすぐ創業100年をむかえる、地元でおなじみの「坊っちゃん石鹸」。合成添加物を含まない肌に優しい石鹸は、肌の弱い人にも好評です。キュッとした洗いあがりで、近年、全国にファンが増えています。

 

いかかでしたか。東北の魅力あふれる石鹸をぜひお土産のひとつにしてみてくださいね。

ページトップへ