東北暮らしプラス
ログイン

パスワードをお忘れの場合は コチラ
登録がお済みでない方は コチラ
閉じる

会員限定記事数
52
会員限定記事数
52
はじめての方へ
商品券(クオカード)1,000円分プレゼント!

グルメ

2020.01.09 グルメ

冬こそ行きたい!港町の海鮮丼5選 facebook

海鮮好きにとって冬は、たっぷり脂を蓄えた魚が楽しめるとっても楽しみな季節。

今回はそんな魚の美味しさを思う存分楽しめる、東北の港町の海鮮丼をご紹介します。

 

青森魚菜センターで行っている「青森のっけ丼」。

市場をまわって自分の食べたい鮮魚をどんどんのっけて、自分好みの海鮮丼が作れます。

大きなホタテやぷりぷりのエビ、カニ、マグロまで、選ぶのに迷ってしまいそう。市場の人との会話も楽しみながら、特製の海鮮丼をつくっていきましょう。

 

八戸にあるみなと食堂の看板メニューは、たっぷりの平目を特製のタレに漬けた、平目漬丼。

もりもりの平目にタレと卵黄、そしてご飯がしっかり絡んで、いくらでも食べられそう。

この美味しさは、第1回全国丼グランプリ海鮮丼部門金賞受賞(2014年)でお墨付き。その味を求めて全国から多くの人が訪れます。

 

宮城県女川町の商店街、地元市場ハマテラスにあるお魚いちばおかせいの「女川丼」。

女川漁港でとれた旬の海鮮がご飯が見えないくらいたっぷり載っており圧巻!季節ごとに楽しみたい海鮮丼です。

 

日本海のとれたての鮮魚を海鮮丼や刺し身盛りなどで楽しめる海鮮どんやとびしま。

1000円の海鮮丼でも12種類前後のネタがのっている贅沢さ。さらに厚く切られたお刺身は食べごたえも抜群。

お昼時には地元の人も多く訪れる人気の食堂です。

 

牛乳瓶に入った海鮮ネタをご飯の上にかけて食べるユニークな海鮮丼、瓶ドン。

もともと宮古をはじめ三陸沿岸部では、ウニを牛乳瓶につめて売る習慣があり、それを海鮮丼に応用したのがはじまりと言われています。

宝石のようにキラキラ美しい瓶入り海産物。見て楽しんで、さらに食べて満足のわくわくする海鮮丼です。

 

いかがでしたか。港町ならではの本格的かつユニークな海鮮丼をぜひ食べに行ってみませんか。

ページトップへ